TOPページ > 症状・事例 > 腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)について

腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)について

症状:この病気は長い距離を続けて歩くことが出来ません。もっとも特徴的な症状は歩行と休息を繰り返す間欠性跛行(かんけつせいはこう)です。
腰部脊柱管狭窄では腰痛はあまり強くなく、安静にしている時には殆ど症状がありませんが、背筋を伸ばして立って歩いたりすると、太ももや腰から下にシビレや痛みが出て歩きづらくなります。

photo

腰部脊柱管狭窄症は神経の通り道である脊柱管が狭くなって、中を通る神経や血管が圧迫され血流が悪くなり、腰痛や脚の痛みシビレが起こる病気です。

症状が出やすい姿勢

photo

腰部脊柱管狭窄症の症状

□下肢の痛み(坐骨神経痛など)
□下肢のしびれや異常感覚(灼熱感など)
□間欠跛行
□腰痛
□排尿・排便障害
 (頻尿、残尿、失禁など)
□その他
 下肢脱力
 間欠陰茎勃起
 陰部のしびれ、など

間欠跛行

photo

腰曲げ休憩を特徴とする間欠跛行は、腰部脊柱管狭窄症の最も代表的な症状の一つです。

腰部脊柱管狭窄症の原因

普段から大小の腰痛を長期間患っている傾向がある方、屈む動作や重いものを持ったりして小さな腰部の負担が繰り返されることから腰椎を支える筋肉の柔軟性が失われ、脊椎間の椎間板の変形や脊柱管内の靭帯が損傷の治癒と寛解の繰り返しが組織肥厚を形成し、脊柱管内などの脊髄神経を圧迫してしまうことから起こります。

腰部脊柱管狭窄症の治療

photo腰部脊柱管狭窄症と診断されたり、間欠跛行などの症状のある方では、腰部の筋性拘縮や腰部や下肢及び肩甲骨周囲の柔軟性が失われている傾向が強く、柔軟性の改善と脊柱管内の靭帯または周囲の軟部組織の可動性を促進させる行為は、脊柱管内の脊髄神経圧迫の除圧が可能となります。治療の頻度に応じ筋性拘縮と柔軟性の改善が、結果的に間欠跛行や痛み感・しびれ感を軽減させ、歩行中の休みの回数の軽減と距離が長くなって行きます。

関連サイト

身近な話題から健康法、症例
スタッフブログ
武蔵境院のお得な情報は
LINEよりご確認頂けます。
友だち追加
小金井武蔵野三鷹交通事故治療.com 交通事故・むちうち治療の情報サイト 柔道整復師 鍼灸師 マッサージ師 受付の人材大募集! 接骨科、整体科、鍼灸科、マッサージ科 共立総合整骨院 グループ一覧

その他

e-stretch ふじてんスノーリゾート ストレッチ屋さん 治療院のミカタ 治療院のお役立ちサイト
©2016 Kyouritsusougouseikotsuin