TOPページ > 症状・事例 > 主婦を悩ませるド・ケルバン病(狭窄性腱鞘炎)とは…

主婦を悩ませるド・ケルバン病(狭窄性腱鞘炎)とは…

主婦を悩ませるド・ケルバン病(狭窄性腱鞘炎)とは…

ド・ケルバン病(狭窄性腱鞘炎)とは、手首の親指側にある筋肉の腱とその腱を包む鞘の炎症です。手をよく使う、指先の細かい作業が多い、女性、スポーツ選手などに多い症状です。手技療法・電気療法により血液循環を促進し固定して安静を保ちます。

どんな人に多いか?

・20代~50代の女性
・子供を抱えながらの作業が多い女性
・手先をよく使う
・スポーツ選手

症状

手首の親指側にある筋肉の腱とその腱を包む鞘がこすれ合ったり、締めつけられたりすることによりおこる症状です。手首の親指側が腫れ、動かしづらくなります。また手首、指先の運動をすることで強い痛みが生じます。

ド・ケルバン病(狭窄性腱鞘炎)かなと思ったら

もし、このような症状に当てはまると思ったら簡単なテスト法があります。
痛みのある手の親指を他の四指で握り、小指側に曲げます。
これにより強い痛みがあるとド・ケルバン病(狭窄性腱鞘炎)が疑われます。

治療

手技療法により腕~手首、指先周囲の固まっている筋肉を緩めていきます。次に電気療法をすることで患部の血液循環を促進させます。その後包帯・キネシオテープなどにより患部の固定をし、安静にすることで炎症を抑え回復力を高めます。
軽症であればサポーターでの固定、湿布を貼ることで痛みが軽減します。日常生活では痛めた手での作業による負担を減らし、安静を保つことが優先されます。
適切な治療により治る疾患です。

関連サイト

身近な話題から健康法、症例
スタッフブログ
武蔵境院のお得な情報は
LINEよりご確認頂けます。
友だち追加
小金井武蔵野三鷹交通事故治療.com 交通事故・むちうち治療の情報サイト 柔道整復師 鍼灸師 マッサージ師 受付の人材大募集! 接骨科、整体科、鍼灸科、マッサージ科 共立総合整骨院 グループ一覧

その他

e-stretch ふじてんスノーリゾート ストレッチ屋さん 治療院のミカタ 治療院のお役立ちサイト
©2016 Kyouritsusougouseikotsuin